Japanese only
[an error occurred while processing this directive]
JE^
Since 2002 Nov-12
雑学の箱Top航空無線Top > 航空管制の種類
目次
はじめに
受信を始めるには
航空管制の種類
基礎知識(工事中)
飛行場管制
進入・出発管制
航空路管制(工事中)
洋上管制
ATIS

管制官の居場所!?

「管制官といえば管制塔の上にいる人」ってイメージがあると思いますが、 実際には管制塔の下でレーダーを見ながら管制している管制官、 所沢などで空港と空港を結ぶ航空路をレーダーで監視しながら管制している管制官、 色々な管制官が居ます。
このページでは管制の種類について説明します。
なお、このサイトでの区分は、航空無線を聞く立場からの便宜的な区分です。

航空管制の種類

飛行場管制 飛行場の中および管制塔から目視出来る範囲にある航空機を管制する
進入(・出発)管制 航空路と飛行場の間を飛行する航空機を管制する
地方空港の場合、存在しない場合が多い
航空路管制 空港や無線標識を結ぶ航空路を飛行する航空機を管制する

上記のように、大きく3つに管制は分類されますが、実際はもう少し細かく分けられます。

出発地から目的地まで

航空機は出発地から目的地まで以下の流れ(上から下へ)で、各セクションにて管制サービスを受けていきます。

1.飛行場管制 空港内の移動や離陸の許可
2.出発管制 航空路にでるまでの管制。
交信は少なめf^^;
3.航空路管制 航空路での管制を受けます。
使用ルートの変更(ある地点まで直行する)許可や近くにいる飛行機の情報などが流されます.
国際便等,洋上を飛行する場合は洋上管制に引き継がれます.
4.進入管制 航空路から最終進入経路まで、レーダーで誘導されます。
高度や方位の変更の指示や最終進入の許可などが主な交信内容です。
5.飛行場管制 着陸の許可が出されるのはここです。
また、着陸した後、誘導路での移動の許可などもここが出します。


Copyright© 2002-2009 こびわ
このサイトへのリンクはご自由にどうぞ。
ただし、<http://www.kobiwa.net/>にお願いします。
このサイトに関するご意見等はこちらからお願いいたします。